日本テレマークスキー協会 updated 2015-06-04
印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

テレマークスキー技術検定

テレマークスキー技術検定

検定制度開始にあたって
日本におけるテレマークスキーの歴史や先人の築いてきた文化と技術検定は相容れないもの、もしくは対極に位置するもの・・・そういったイメージが少なからずあることを理解したうえでこの技術検定の制度設計を創めました。

今回の検定制度を始める際に最も重視したのは「既存のテレマークスキー文化の一部を変えたり価値観を変更するものではなく、新しいテレマークスキーの遊び方を提供する」というスタンスです。TAJが検定を始めることによってテレマークスキーの滑走技術が過度に「型にはまった」ものにならないように検定を開始し運用していくことは一番重視していく点です。

検定における技術的観点
TAJでは過去に技術体系をまとめた「日本テレマークスキー教程」という形でひとつの技術的見解をまとめました。それ以降、公認指導員制度を通じて基本的にはこの教程の技術を継承しています。この教程をベースにしつつも現在では各地で公認指導員が現場での実情に合わせて技術を研究進化させています。このような公認指導員制度や公認スクールの活動などで蓄積されたノウハウをベースに教育事業部が設計した検定制度をスタートさせます。

検定制度の基礎的な評価観点はあらゆるテレマークターンに共通するもので、それを状況に合わせて変化・応用させることでバックカントリーの分野などあらゆるコンディションでの滑走技術に活かすことができます。また検定で設定されたレベルを順に目指すことで初心者の技術向上をより早く確実に促すことができます。

テレマークスキー技術検定制度の概要

正式名称は「テレマークスキー技術検定」です。

合格の認定を受けると合格証が発行されます。合格認定証は携帯しやすいクレジットカードサイズです。

1card1.jpg2card2.jpg3card3.jpg4card4.jpg

TAJのHPおよび雑誌等にて合格者を発表します。希望しない方は非公開にできます。

検定では4段階のレベルを設定し下記のようなイメージが合格ラインです。

レベル1  ゲレンデの緩中斜面で比較的スムーズなテレマークターンができる
レベル2  ゲレンデの急斜面以外ならほぼスムーズなテレマークターンができる
レベル3  ゲレンデの急斜面で大回りも小回りも正確にできる
レベル4  レベル3よりさらに高いスピードと正確な弧で洗練されたテレマークターンができる

検定の種目は各レベル共通で次の3つです。

1 テレマークターン大回り
2 テレマークターン小回り
3 テレマークターン総合滑降

検定する斜面の難易度が低いのがレベル1で最も急な斜面で行うのがレベル4ということになります。またレベルが高いほどその種目の完成度は高いものが要求されます。

道具について
テレマークスキーは道具の多様性においてはバラエティに富んでいます。
検定の対象者を道具によって制限することは一切ありません。反対に道具によって評価基準や評価観点を変えることもありません。検定員は設定された検定斜面を滑るときのパフォーマンスのみに着目し、道具に関係なく評価基準に達しているかどうかを採点します。

検定を受けられる場所
TAJ公認スクールのうち検定実施スクールと教育事業部が主催する検定会です。
  レベル1・レベル2・レベル3の検定は各検定実施スクールで受験可能です。
  レベル4の検定会は教育事業部の主催する検定会のみです。

受験資格
レベル1とレベル2は受験資格は不要です。緩~中斜面を滑走可能な方ならどなたでもお申し込みいただけます。
レベル3は中学生以上でレベル2の合格認定が必要です。
レベル4は中学生以上でレベル3の合格認定が必要です。

検定の申し込み
各検定実施スクールに直接申し込みいただきます。
教育事業部主催の検定会はTAJにお申し込みいただきます。

検定事前講習
検定実施の際には検定直前に1.5時間の事前講習を行います。
事前講習では当日のゲレンデコンディションの確認と検定内容の説明、検定実施斜面の試走も含まれます。

所要時間
人数にもよりますがほとんどの場合おおよそ半日で終了します。

合格基準
検定の1種目の点数は100点満点として1点刻みで採点する。

レベル3までの合格基準
  レベル1  3種目の合計点が180点以上(1種目平均60点)。
  レベル2  3種目の合計点が195点以上(1種目平均65点)。
  レベル3  3種目の合計点が210点以上(1種目平均70点)。
上記は検定員が1名の場合で複数(n人)の場合は上記の合格点×nが合格点となる。
種目ごとの合格最低点は設けず3種目の合計で判定する。

レベル 4の合格基準
  レベル4 2名の検定員の3種目の合計点が450点以上(1種目平均75点)。
上記は検定員が2名の場合で2名以上(n人)の場合は上記の225点×nが合格点となる。種目ごとの合格最低点は設けず3種目の合計で判定する。


レベル 1

レベル 2

レベル 3

レベル 4

受験資格

誰でも受験可能

緩~中斜面を滑走可能な方

誰でも受験可能

緩~中斜面を滑走可能な方


レベル2認定者

中学生以上

レベル3認定者

中学生以上


検定種目


 

各レベルとも種目は同じ。レベルによって検定斜面が異なる

 

種目1 テレマークターン大回り

種目2 テレマークターン小回り

種目3 テレマークターン総合滑走
 

 検定斜面

緩~中斜面

整地または

ナチュラルバーン


緩~中斜面

整地または

ナチュラルバーン


急斜面を含む総合斜面

整地または

ナチュラルバーン


急斜面を含む総合斜面

整地または

ナチュラルバーン

 

合格基準点

検定員1名

1種目100点×3種目の300点満点中

180点以上

1種目平均点60点以上

検定員1名

1種目100点×3種目の300点満点中

195点以上

1種目平均点65点以上

検定員1名

1種目100点×3種目の300点満点中

210点以上

1種目平均点70点以上


検定員2名

1種目100点×3種目の600点満点中

450点以上

1種目平均点75点以上

検定の主催者

 

TAJ公認スクール(検定実施学校)

TAJ教育事業部

 

TAJ教育事業部

検定員

1名以上で実施

2名以上で実施

事前講習

 検定当日に1.5時間の講習を受けなければならない

事前講習料金

 事前講習料金はスクールによって異なるので各スクールにご確認ください

検定受験料


2,000円
全国一律料金

 

3,000円 全国一律料金

合格者 認定料金

2,500円 全国一律料金

3,000円 全国一律料金




各レベル共通の基本的評価基準

連続したテレマークターンの完成度を各レベルに応じて評価する。
テレマークターンの切り替え方法や姿勢、前後差、その他についての規定は設けない。
用具についても特に規定は設けない。

レベル 1

評価基準

card1.jpg

  • 整地またはナチュラルバーンの緩~中斜面でおおむねスムーズな切り替えのテレマークターンができること。
  • 滑走中の姿勢に著しい左右差がないこと。
  • ターン弧に著しい左右差がないこと。
  • 前走者の滑走スピードと著しい差がないこと。
  • ズレを用いてスピードとターン弧の調整ができる。

テレマークターン大回り

  • 設定された斜面で制動要素を用いた安定感のある大回りターン。
  • 左右均等な運動・リズム、ターン弧
  • スピードコントロール

テレマークターン小回り

  • 制動要素を用いた安定感のある小回りターン。
  • 左右均等な運動・リズム、ターン弧
  • スピードコントロール

テレマークターン総合滑降

  • 大回りと小回りをおおむねスムーズな切り替えで構成して滑走できていること。
  • 左右均等な運動・リズム、ターン弧
  • スピードコントロール

レベル 2

評価基準

card2.jpg

  • 整地またはナチュラルバーンの緩~中斜面で途切れのないスムーズな切り替えのテレマークターンができること。
  • 滑走中の姿勢に大きな左右差がないこと。
  • ターン弧に大きな左右差がないこと。
  • 前走者の滑走スピードと大きな差がないこと。
  • ズレを活用してレベル1と比較して滑走性の高いスピードとターン弧の調整ができる

テレマークターン大回り

  • 設定された斜面で制動要素を活用した滑走性と安定感のある滑りをしていること。
  • ストックの活用。
  • 左右均等な運動・リズム、ターン弧。
  • スピードコントロール。

テレマークターン小回り

  • ターン毎しっかりとコントロールされた連続した小回りができていること。
  • ストックを適切に使っていること。
  • 制動要素を活用し安定感があること。

テレマークターン総合滑降

  • 大回りと小回りをスムーズな切り替えで構成して滑走できていること。
  • 設定された斜面を有効に使って滑りを表現していること。
  • ストックを適切に使っていること。

レベル 3

評価基準

card3.jpg

  • ナチュラルバーンの急斜面を含む総合斜面で途切れのないスムーズかつ正確な切り替えのテレマークターンができること。
  • 滑走中の姿勢に目立った左右差がないこと。
  • ターン弧に目立った左右差がないこと。
  • ターン前半から後半そして切り替えまでの一連の流れが正確で安定していること。
  • ズレをコントロールし、技術を駆使して積極的かつ滑走性の高い滑りをしていること。

テレマークターン大回り

  • 設定された斜面で十分に滑走性のある滑りをしていること。
  • 安定感とバランスの取れた姿勢でスピードに乗ってスムーズに滑走していること。
  • 必要に応じてストックを使っていること。

テレマークターン小回り

  • ターン毎に正確にコントロールされた減速要素の少ない連続した小回りができていること。
  • 小回りであってもターン弧を描いて暴走することなく滑走していること。
  • ストックを適切に使っていること。

テレマークターン総合滑降

  • 大回りと小回りをスムーズな切り替えで構成して滑走できていること。
  • 設定された斜面を有効に使って滑りを表現していること。
  • ストックを適切に使っていること。

レベル 4

評価基準

card4.jpg

  • 整地またはナチュラルバーンの急斜面を含む総合斜面でスムーズかつ滑走性の高い洗練されたテレマークターンができること。
  • 滑走中の姿勢に左右差がほとんどみられないこと。
  • ターン弧に左右差がほとんどみられないこと。
  • ターン運動の一連の流れが洗練されていて正確かつ安定していること。
  • あらゆる技術を駆使して積極的かつ滑走性の高い滑りをしていること。

テレマークターン大回り

  • 設定された斜面で十分に滑走性のある滑りをしていること。
  • 安定感とスピードを高い次元で表現した洗練された滑走をしていること。
  • 必要に応じてストックを使っていること。

テレマークターン小回り

  • しっかりとした小回りの弧を描きつつも十分に滑走性のある小回りをしていること。
  • 安定感とスピードを高い次元で表現した洗練された滑走をしていること。
  • ストックを適切に使っていること。

テレマークターン総合滑降

  • 大回りと小回りを洗練された切り替えで構成して滑走できていること。
  • 設定された斜面を有効に使って滑りを表現していること。
  • ストックを適切に使っていること。